カヤックフィッシングのロッドの選び方

カヤックフィッシングで使用するロッドはどんなものが良いのか。
結論は自分が気に入ったものが良いとなりますが、カヤックフィシング初心者の方に陸っぱりの釣りと違ってこんなことがありますよというのをお話したいと思います。

ロッドの長さ

カヤック上は狭く上半身しか動かせず、陸上と比べタックルを操るのが大変です。
長いロッドで釣っていて竿先のライントラブルが起こるとかなり面倒でイライラしたりします。
というわけで短いほうが扱いやすく便利なのでおすすめです。

が、一点だけ気をつけたいことがあります。

それは、シートに座った状態で竿先が船先より長い物がおすすめということ。

魚がヒットすると左右に走ることがありますが、カヤックの下を潜るように左右に通り抜けたりもします。

このときに、自分と船先の長さよりロッド長が短いロッドを左右に振ることができません。

例えば、
右舷側でヒットして、その後に魚がカヤックの下を通り左舷側に走った場合です。
ロッドが船先より長ければ、クルッと竿先をバウ側に回して左舷側にロッドを持ってくることが出来ますが、ロッドが短いとこれが出来ません。

するとロッドとラインが鋭角になり、竿先が折れる可能性があります。
角度を取るために水中に竿先を突っ込んで対処しますが、バランスを崩したりして危ないです。

rod3

とくに大きな青魚が掛かるとけっこう必死。右に左に走る走る(汗

rod2

ロッド長が船先より長いと、楽に反対側に竿先を振れるので竿サバきが楽です。

rod1

というわけで、
ロッドの長さは、シートに座って船先よりも長いもの。
そしてあまり長くないものを選ぶのが良いと思います。

ロッドの調子

ロッドの硬さや調子のチョイスは釣る対象によって変わりますよね。
慣れてくると、今日はタイラバで鯛を釣りたいから柔らかめの調子のロッドで、と使い分けたりします。

で、最初の一本目はどんなロッドがよいかというと、先にも書きましたが安いロッドで硬めのもの。安い物を選ぶのであとの選択肢ははそれほどないかと思います。

最初のうちはカヤックの操作や状況把握に精一杯で、あたふたして釣りがおろそかになるので、頑丈なもので気を使わないものがおすすめ。

根がかりしても無理やり引っ張れる、ラフに扱っても大丈夫、気を使わなくてもよいものが使いやすいと思います。

沈でロッドが沈むまたは折れることがある

フィッシング用のカヤックは、安定していて簡単に沈することはない。。。と言われていますが、これは波がない水面で、重心に気をつけていればの話です。

しかし、初心者のうちは、
クーラーボックスに手を伸ばしてバランスを崩す、天候の急変に気づくのが遅い、着岸時にカヤックが波に押され予測しない動きをしてしまう、などなどトラブルが起こりやすいです。

つまり沈をするリスクも大きく、船上の物が落水して紛失したり、水底とぶつかり壊れることもあります。

そこでおすすめは、お気に入りのロッドを持っていても、最初のうちは安いロッドを新しく買い足して使うことです。または使わなくなり処分しようとしているような物。

よく釣具屋でリール付きで、2,000円~3,000円ほどで売っている安物のルアーロッドがよいです。重めのルアーが付けられるものがベターです。
安いものはすぐに錆びるのが難点ですが慣れるまでなので。。。

何かのトラブルでロッドが水面下に沈んでしまっていく瞬間をイメージしてください。とっさに手を伸ばすともう少しで届きそう。と思ってる間に沈んでいく。瞬間の判断です。

思い出が詰まったロッドだ!数万円したんだから!リールも入れれば10万だ!

とか思っていると自然と身体が海に落ちていくことでしょう。

身体が反射的に動いてしまわないようなロッドが最高です。

スポンサーリンク
336-280_1
336-280_1

フォローする

スポンサーリンク
336-280_1